淡路島で採れた"たまねぎ"が、華麗な変身を遂げてできあがった、淡路島のカレー | 【ご当地カレー】淡路産牛・淡路島玉ねぎを使った淡路島カレー/ベジタブルキーマカレー │ヴィーガン ビーガン

2020/10/14 19:02

淡路島たまねぎという特産物をふんだんに使いできあがった淡路島の味

淡路島自慢のカレーをご紹介します




三段階に変化する深い味わいが淡路島カレーの特徴です


①ひとつ目のヒミツは、“甘み”。

瀬戸内海沿岸で育てられた「淡路島の玉ねぎ」。

その中でも果物の梨とほぼ同じの糖度の玉ねぎだけを、飴色になるまで

4時間ゆっくり炒め、1人前に丸ごと1個を使用しています。

さらに、リンゴや、バナナ、マンゴー、パパイヤなど、

9種のフルーツが溶け込んでいることも甘さのヒミツです。


②ふたつ目のヒミツは、甘みの次に感じる深い“コク”。

淡路島の工場で丁寧に炊いた鶏ガラスープと香味野菜のスープ。

さらに特別にブレンドしたデミグラスソースが合わさることにより、

家庭のカレーとはひと味もふた味も違う、

上質な深いコクと旨味を生み出しています。


③みっつ目のヒミツは、最後に感じる“辛さ”。

厳選唐辛子とターメリック、コリアンダー、クミン、フェネグリークなどの

16種類以上のスパイスが使われています。

スパイスの配合や、投入する順番にこだわった結果、

“甘さ”、“コク”、“辛さ”と3段階に変化する深い味わいになりました。

これこそが大人の為のカレーの完成です。




カレーパーティーやご自宅での楽しい食事のお供に

淡路島カレーがなれたら幸いです。





<開発部長の裏話>

実は「淡路島カレー」開発の際に、全国の有名な個性派カレー店をなんと200店以上も食べ歩きました。

出張に行ってもカレー、毎日のランチもカレー、もうしばらくはカレーも見たくないくらい(笑)

でもその結果、1つの法則を発見したんです!その法則というのは「人気店は、味が2段階に変化している!」ということでした。

ただ辛いだけではなく、「コクがあって辛い」や「甘くて辛い」カレー店が有名店として繁盛していました。

だから我々は「淡路島カレーはその上をいく3段階に変化する味」を追求して開発したんです!